英語忘れてCPA街道

ARTICLE PAGE

Hope is more profitable than reality.

経済
  • comment2
  • trackback-
株式市場では「噂で買って事実で売る」という言葉があるぐらい実際の決算などが発表されるとリターンが少ないことがよく投資家の間で言われます。ではそれは本当でしょうか。
今回は1990年からアメリカの指数S&P500を想定して見ていきます。
第一四半期に株を購入した場合と第三四半期に株を購入した場合でどちらがリターンが大きかったでしょうか。次の画像を御覧ください。
クリックで拡大
これを見ると第一四半期に株を購入した場合150%リターンですが、第三四半期に購入した場合たった50%しかリターンがありません。

これだけで決めつけるのは間違いですが、どうやら噂で買って事実で売るという方法はあながち間違いではないようです。

ランキング登録中!

TOEICランキング
スポンサーサイト

Comments 2

雪  

ブログを消した理由は、彼女にバレちゃったからなんですね(笑)。彼女の検知器は凄まじいですね…。それは証拠隠滅するしかなかったでしょうねー。何か大事があったのかと心配していましたが、Jinyさんが元気で良かったです。

「風評の流布」は罪になりますから、噂で買うというのは本当でしょうね。人間は事実と期待をまぜっかえす生き物ですから。しかし150%のリターンというのがあるんですね!私は購入してまだ5%しか利益が出ていません。勉強すればするほど迷いも大きくなり、確信が持てません。プロの投資家はすごいんだな~と思わされます。

2017/03/19 (Sun) 18:56 | EDIT | REPLY |   
Jiny  
To 雪さん

正確に言うと幼馴染に怒られたというわけではなく、アクセス解析を見ていたら明らかに我が家の幼馴染のパソコンからアクセスしていることがわかったのでどうしてもデータを消さなければならなかったのです。なので過去ログとか全くとっていません。それぐらい急いでいたので大変でした。
元気ではないですね…まぁ色々大変な日々を過ごしておりますよ。
説明が難しいですけどね。

基本的に第1四半期に株を買って方がリターンが良いことはある意味実証されていますね。
代わりに企業が決算を発表し終わってから買ってからでは遅いわけです。
雪さんは株を始められたのですか。成功すれば生活は劇的に楽になりますが、失敗することもあるのであまりその時はのめり込まずきっぱりやめることも頭に入れておいてくださいね。
会計の知識をつければつけるほど企業価値というのはよくわからなくなるという矛盾した現象がありますね(笑)
例えば普通の人には全く理解できない繰延税金資産とかよく企業では問題になりますが、あのニュースを理解できている人は0.5%ぐらいしかいないと思いますね。ニュース書いている人もわかっていないかもしれません。
それぐらい税務と企業会計は全く違いますので難しいです。
そうしたことを考慮して株価を判断しなければいけないので難しいですよ。
がんばってくださいね。

2017/03/20 (Mon) 07:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply